ムダ毛処理で肌トラブル

夏になってムダ毛処理も、手抜きができない季節になりました。他人の目が気になるので、毎日ムダ毛処理している人も、多いのではないでしょうか。しかしムダ毛処理と言えば、肌トラブルがつきものです。

まずムダ毛処理で肌トラブルが多いのは、なんと言ってもカミソリや毛抜です。肌に負担がかかると分かっていても、手軽にできるメリットが大きく、やめられない人も多いでしょう。

カミソリでムダ毛を剃ると、肌が弱い人なら剃刀負けする人も、いますよね。肌が丈夫な人もで、カミソリは肌に負担がかかるので、そのうち何らかの肌トラブルを起こすかもしれません。

カミソリを使うときに、肌に負担をかけないようにするために、ソープの泡を使う人もいます。しかしソープの泡でカミソリを使うのは、意外と逆効果で、肌があれやすくなることもあります。

次に毛抜きで抜くのは、毛根や肌にダメージを与えます。そこにバイキンが入れば、炎症を起こして赤みが出たりします。またムダ毛が太く濃くなったり、埋没毛ができることもあります。

肌に負担をかけずにムダ毛処理するなら、やはりエステやクリニックで、脱毛したほうがいいですね。脱毛はお金がかかると思いがちですが、長い柄で見れば、それほどコスパは悪くありません。

埋没毛は放置しても大丈夫?