肌荒れの原因は常在菌?

最近のスキンケアでは、お肌の菌活というのが、話題になっています。肌にも常在菌という、多種類の細菌がいます。この常在菌のバランスが崩れることで、肌荒れなどに肌トラブルを起こすことがあります。

肌の常在菌は、善玉菌と悪玉菌がいて、一定のバランを保っています。悪玉菌が増えて常在菌のバランスが乱れると、肌にトラブルが起きやすくなります。逆に美肌菌とも言われてる善玉菌が増えれば、肌のコンディションを良好に保てます。

悪玉菌には黄色ブドウ球菌という、肌に炎症を起こす細菌がいます。肌荒れで炎症を起こす場合は、黄色ブドウ球菌が増えすぎているのかもしれません。またニキビの原因になるアクネ菌も、悪玉菌の仲間です。

善玉菌である美肌菌には、表皮ブドウ球菌という細菌がいます。表皮ブドウ球菌は、保湿成分を作ってくれるので、肌のバリア機能を強化してくれます。また抗菌ペプチドという成分を作り、悪玉菌が増えるを防いでくれる作用もあります。

つまり肌荒れなどの肌トラブルを減らすには、美肌菌を増やして悪玉菌を減らすことが大事なのです。

美肌菌を増やす方法!お肌も菌活で善玉菌スキンケア!