医師の年収アップを叶える最短ルート

勤務医が高額年収を稼ぐ働き方にはどういったものがあるかという点が今注目されています。医師の高額年収の基準は一般に1800万円以上とされています。もちろん開業すれば年収は飛躍的に上がり、美容外科など一部の診療科目ではまさに天井知らずの年収となる可能性を秘めています。

しかし、勤務医のままであれば、社会的需要の高い診療科目やスキル、非常勤勤務の活用などをすることで、年収1800万円以上を稼ぐことができるようになります。そしてもう1つ上の段階に行くと、年収2500万円というラインです。年収2500万円以上というのは医師求人の中でもかなり希少性の高い領域とされます。

そのラインを超える医師求人というのは在宅医療や自由診療の美容形成外科、産婦人科など一部の分野に限られるといいます。これらの分野で高いスキルやコミュニケーション力を備えていたり、実績ある医師というのは年収2500万円という域を超える可能性は充分にあると言えるでしょう。

勤務医は自身の希望年収を叶えるために、転職時などに入職する医療機関との交渉が必要になることが多いです。しかし、普通は医師がどんなに交渉しても上記のような高額年収(最低でも1800万円以上)を契約するのは難しいものがあります。そんな時に助けになってくれるのが人材紹介会社のキャリアアドバイザーという存在です。

彼らは転職する医師に代わって年収その他の条件交渉を行ってくれます。特に今はエージェント全員が医療経営士の資格を持っているという医師専門転職サイト「エムスリーキャリアエージェント」や「Dr転職なび」が、年収アップを目的として転職される医師に注目されています。

医療経営士資格をお持ちの場合、医療機関側に対して経営的視点や知識をもって条件交渉に当たることができますので、医師の年収アップに踏み切れない医療機関側に対して、さまざまな提案を行うことで医師の希望にできるだけ近い年収を勝ち取ることができるケースが近年増えてきているといいます。まさに医師の年収アップを叶える最短ルートと言えるでしょう。

【1分で分かる】エムスリーキャリアエージェントの口コミ・評判をご紹介します。