クレジットカードの審査をクリアする基準とは

この頃は、学生や主婦を対象としたクレジットカードも多くなり、生活に欠かせないものになっています。簡単に利用できるようになったクレジットカードですが、申込み時の審査基準はどのようになっているのでしょうか。

色々な金融会社がクレジットカードを取り扱っていますが、いずれの会社でも、審査では収入の有無を重視します。クレジットカードの審査を受けても、収入が多くない人、安定していない人は、カードを発行されないこともあります。新しくクレジットカードをつくる時には、カード会社の審査を受けて、一定の信用能力があることを相手に知ってもらう必要があります。審査のときに必ずチェックされる収入については、給料の金額はもちろんのこと、会社の勤務年数についても確認されます。現時点での月収がいくらで、今の会社で働き初めて何年が経過しているかは、大抵のクレジットカード会社が調べています。クレジットカードの審査に通りたいという思いから、年収の欄を記入する際に本当の金額よりも水増しして、申込みをする人も少なくないようです。大抵の金融会社は、クレジットカードを新しくつくる時に顧客のの信用能力を見極めるために、審査をすることになっています。クレジットカードの申込み用紙を作成する時には、正しい情報を書き込みましょう。虚偽の内容を描いていると信用が低下します。通信手段として、スマホや、携帯電話を所持する人が増加しています。それにともなって、固定電話を解約する家庭も多くなりました。自宅に固定電話を所有している人は安定した居住をしており、信用できると判断されやすく、クレジットカードの審査にも通りやすい傾向にあるようです。
審査の甘い消費者金融