セラミドによって守られています

角質層の水分は、何によって守られているのでしょうか。大部分はセラミドによって守られています。約80%はセラミドだといわれています。

残り20%のうち17~18%は天然保湿因子そして2%~3%を皮脂が維持しているということができます。これらが肌の水分を保つ上で非常に重要なものということができます。セラミドは水分を保つ上で非常に重要な役割を果たしますけどもまた天然保湿因子はセラミドの次に水分維持にとって重要ということができます。天然保湿因子は、たんオーバーの過程で、肌細胞がセラミドを作り出すわけですけども、それと同時にこの天然保湿因子も作り出されるということができます。これはアミノ酸や尿素、といった水溶性物質を含み、角質細胞の中で肌の水分を維持して行きます。しかしその保湿力は湿度が下がると低下するというふうに言われています。ですから冬場の乾いた空気の中では天然保湿因子はあまり活躍しないといえるでしょう。キルダケスリム最安値