子供のプログラミングについて

私はプログラミングを独学で学んでかれこれ20年ぐらいになります。

今ではあまり見かけないVB6というソフトを使い作成していました。

VB(ビジュアル ベーシック)とはマイクロソフトが1990年代に開発したプログラミング言語で1998年のVB6は最終形になります。

エクセルなどのVBAとは共通した部分が多いので流用できるのが便利でした。

VB6ができたので仕事にかなり役に立ちましたし、再就職先でも重宝されました。

2020年度から小学校でプログラミング学習が必須になるといいます。

なぜかというと、IT業界が人材不足だからです。

今やどんな会社も情報処理が不可欠になっており、システムにおける省力化も大きな課題になっています。

今やパソコンの使えない人間は半人前といわれる時代です。

プログラミングが使えるだけで有利に働くことは先に述べたとおりです。

さらにプログラミングを授業に取り入れることで論理的思考力、集中力、IT知識が身につきます。

子供のうちからこれらの知識を身につければ将来間違いなく役に立つでしょう。

私たち大人も今からでも遅くありません。プログラミングを勉強しましょう。

 

WonderBoxは子供の好奇心や感性を伸ばす新しいプログラミング通信教育サービスです