就職活動を成功に導く情報収集とEUの見直しについて

就職活動を成功に導く情報収集の方法

 

就職活動 成功
就職活動 成功

現代の就職活動では殆どがインターネットから情報を入手する様になっています。確かにネットは場所や時間に関係なくいつでも多くの情報収取ができる便利なものですが、他にも情報を得る方法があります。

大学などでは就職課キャリアサポートセンターなどが就職支援に設置されています。大学と企業との間に信頼関係があるために求人の枠が設けられていることもありますし、新卒者にぴったりの情報もあります。

情報誌の求人情報は情報をまず網羅しやすい

ネットの利用率がそれほど高くないころは、就職情報誌での情報集めが定番でした。近年でも、情報誌の求人情報は役に立ちます。誌面の情報は、読み直しや、付箋などでの把握がしやすいので、情報をまず網羅しやすい人に適しています。

自分の足で求人情報を集める

自分の足で求人情報を集める方法もあり、学校の先輩であるOBやOGを訪問している人も少なくありません。会社説明会では分からない様な具体的な情報が得られるので、面接の時に自己PRに取り入れて有利になる可能性もあります。社会人としての心構えや、会社の雰囲気など、役立つ情報を得る機会になりますのでおすすめです。

合同就職セミナー

人材を募集している企業が一つの場所に集まって合同就職セミナーが開催されることがあります。多くの企業を知りたい時に便利です。接点を持つことがなかった企業に立ち寄ってみたら、予想外に興味深い内容だったというパターンもあります。同じような方法で情報を探していても、いつも似通った情報しか得られないこともありますので、時にはいつもと違う手段を使ってみるといいでしょう。

EUの見直しと移民や労働問題

労働と言うと世界規模で見ると移民が注目されています。たとえば、EUの見直しと移民・難民政策 eu-review.com ビザ 海外旅行によると、移民が占める人口比率だけで言うと、そこまで被害者意識を持つほどでもないのですが、移民である弱みに付け込まれ、最低賃金以下など不当な労働環境でも働いてしまう移民は、同じくらい低賃金の仕事「しか」できない能力や経験の少ない国内労働者にとっては、典型的な脅威なのです。

また、文化や言語の違いも大きいでしょう。しかし、例えばBrexitなどで見直しが言われているEUの中でもドイツなどは東欧や中欧・南欧からの技術者や労働者の貢献があってこそ、今の繁栄の磐石な基礎ができたことを忘れてはいけません。農業国のフランスも他からの移民の力なくしては収穫はできません。繊維産業が中心のイタリアやスペインもまたしかり。

完璧な組織と言うのはありません。悲観的にならずに、移民・難民政策について、前向きな改善策を見直していきたいものです。