生活

家の塗り替えの前に。。

家を塗り替える前に、チェックしておきたい事があります。
まずは、家の塗装を考えるポイントとして、今の状態を確認するというのが重要かもしれません。
外壁塗装の間隔としては、塗装のグレードや、新築時の施工方法にもよるとは思いますが10年から15年のサイクルで外壁塗装を考えるのがベストだとは思います。

現在の状態をチェックする部分で最も分かりやすいと思うのは、外壁を手で触ってみて、手に白い粉が付着するという事があるか、無いか・・という部分です。 
専門的に言いますと、この手で触って白くなるというのはチョーキング現象として、塗装が紫外線、雨水などで劣化して、塗料の原料の成分が粉状になっているという状態になります。
この状態は、塗装がすでにダメになりつつあるという状態になります。。
とは言っても通常、外壁塗装は少なくとも下地塗装、上塗りを2回という感じになるので、上塗りの一番 上の層が劣化しているという状態になるとは思います。
しかし、このチョーキング現象があるにも関わらず、長期間放置し続けると、どんどんと塗膜が劣化していくので、通常の外壁塗装を行っても、駄目な状態になりかねません。。
ようは、金額も高くなると考えて良いです。

あと、チョーキング現象以外で言いますと、外壁部分のひび割れも問題です。  1㎜以下の物は、ヘアクラックと言われる物で、モルタルの壁の場合は、ある程度は仕方ない部分もあります。  しかし、目で見て分かるような大きなヒビ割れは、やはり早めに最低でも補修を行う事がお勧めです。

補修を全く行わない状態で長期間経つと、ひび割れの周囲がどんどんと劣化していきますし、ひび割れ部分から雨水が入って雨漏りという事にもなりかねません。

このような状態は、モルタルの外壁の話ですが。。今の住宅の多くはモルタルの壁ではなく、サイディングの外壁というパターンが多いです。 サイディングの外壁の場合の塗装の目安は、やはり目地部分のコーキングという事になります。

サイディング自体は、工場でしっかりと塗装されているので、表面は非常に長期間 綺麗を保つような物になっています。 最大の問題は、目地部分と考えて良いです。(当然ながら、表面も傷んではきますけど)

目地部分の場合、よく見てみると、細かいひび割れが出ていたり、パックリと割れているという場合もあると思います。  また、状態が悪い場合は、すでにコーキングがハズレてしまって、深い溝が出ているという場合もあります。

このような状態を放置しますと、サイディングも反だしますし、雨漏りの原因になってきます。
実は、先ほども書かせてもらいましたが、サイディングの小口部分や裏面は非常に弱いです。 雨水が少しでも触れると、ボロボロになってしまうという場合もあります。

サイディングの目地部分は、コーキングと言われますが、5~6年で劣化が始まるといわれていますので、上記のような状態になった場合は、コーキングの打ち直しという作業と一緒に外壁塗装を考えるのがベストだと思いますね。。

神戸 外壁塗装