仮想通貨(ビットコイン)の歴史、知ってますか。

仮想通貨の歴史って言われても、最近できたんじゃないの?と思っている方おられませんか?
答えはNO!です。

簡潔に言いますと
ビットコインは2009年に作られました。(そうです。12年前です。思っているより昔に作られたんです)

ちなみに、ビットコインの生みの親は「サトシ・ナカモト」さん。という方だそうです。
とある掲示板にビットコインに関する論文が残されていたことがきっかけだそうです。

じゃあ、これがビットコインなど仮想通貨の原点なの?と思われましたか?
答えはNO!です。

ビットコインの原点はなんとびっくり!1999年なんです。(そうです。22年前です。意外と歴史があります)
しかも、仮想通貨の概念自体は、アメリカ合衆国上院で1995年にはすでに言及されていたようです。
また、1999年には一部の仮想通貨は存在していたと言われています。

そこから現代に至るまで、少しずつ変化をし続けて現在のビットコインとなります。

ちなみに、2009年に作られたビットコインですが、それからわずか数か月後、2009年には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、世の中に公開されました。

そしてすぐに、ビットコインの最初の取引が行われます。

開発者や、当初からビットコインを所有している人たちは、予想を超えるほど価値を持ったビットコインを所有していると言われています。(一体いくらになるのか。全く想像がつきません(笑))

それからおよそ1年後の2010年に、ビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生したそうです。
そして同年5月、はじめて現実社会でビットコインを使った決済が行われました。

これが、仮想通貨(ビットコイン)の始まりです。

余談ですが
ビットコインの生みの親は「サトシ・ナカモト」さん。について
実はこの人(この方)、現代まで詳細が分かっていません。
言葉通りひとりなのか複数人なのか、男性なのか女性なのか、個人なのか団体なのか、もはや日本人なのかどうかも分かっていません。

謎の人物?なんです(笑)

仮想通貨(ビットコイン)の始め方!Coincheckへの登録方法はこちら!