英会話が必須になってくる時代

これからは英会話が必須になってくる時代ですね。企業も社内コミュニケーションを英語にするというところも出てきましたし、町の中に外国人も増えました。

実は私は、学生時代も含めて10年近く塾講師をしていました。その私が、この時代にオススメしたいことがあります。

私が主として教えていた教科は英語だったのですが、実はいつもちょっと生徒に後ろめたく思っていたことがあります。それは、私自身は当時英語をあまり話せなかったという事。

当時の塾の先生は、ペーパーテストで生徒に点を取らせることが出来れば良かったので、話せないことは問題にならなかったんです。つまり、文法問題や読み書きを教えることができれば、先生としては充分とされていたんです。

でも、今の時代、それでは充分でなくなってきました。

これからの日本で求められるのは英会話力。インターネットが普及するとともに企業のグローバル化が進んで、外国人と働いたりすることが普通になるので、「英語でやり取りできること」が求められるからです。

ただ、小学校での英語教育に政府が力を入れ始めているとはいえ、本当の効果が出るにはもうしばらく時間がかかると思います。何故かと言うと、特に公立の学校では、教える側の先生に英会話力があるとまでは言えないからです。英語を第一言語とする先生を配置するにしても、予算も人材もかかるのでしばらくは助走期間になると思います。

そうなると、いま小さなお子さんをお持ちの親御さんとしては、「それでは遅すぎる」ということで自衛しなければならなくなると思います。

英語教育で実績のあるアルクが【りすぴこ】という幼児用英会話教材をリリースしたと言う記事を読みました。元「英語が充分に話せない」塾講師としては、こういう教材を使ってお子さんに本物の英語の音を学ばせるのがおすすめです。