背中の筋肉はデットリフトで鍛える

デッドリフトは背中の筋肉を鍛えるのに効果的で、
パワーリフティングの選手をはじめ多くのアスリートなどが
活用しています。

しかし、正しいフォームを身に着けないと、腰を痛めてしまう
こともあるため、まずはきちんとしたフォームを理解することからはじめましょう。

初心者の場合は、まずはハーフデッドリフトを習うことをオススメします。
ハーフの場合は通常床から持ち上げるところを、膝の高さから始めることが
できるので、腰への負担が軽減します。

そして、デットリフトの大切なの注意点は、上げるときよりも下すときに
気をつけることです。下すときに気持ちを抜かずや力を入れつづけることを
忘れないでください。

なぜなら、デットリフトの中でも一番腰を痛めやすいのは、
下す時だからなのです。

足を肩幅に開いて、顔は下を向かずに正面を見て、背中を
丸めずにお尻を突き出すようにし、大きく息を吸いながら
持ち上げてください。

持ち上げていくときも背中が丸まったり、無理をして反らないように
しながら、まっすぐに立ってください。

持ちあがってから、下すまでもきちんと力を抜かないようにしましょう。

経験者やトレーナーなどの専門家からフォームを教えてもらうことで、
更に効果的にトレーニングをすることができます。

まずは軽めの重量で正しいフォームを身に着けるように心がけてください。
ただし、気持ちは強く力を抜かないように。

どうせ筋トレをやるなら、楽しく続けたいですよね?

カーネクストの評判はこちら

筋トレが続かないほとんどの人は、
いきなり長時間やろうとしがちですが、
筋トレにかける時間は、そんな必要はないものなんです。